YUKI FUJISAWA

2014.09.22

[news]記憶の中のセーター14-15AW 発売

5_web

1_web

2_web
[記憶の中のセーター 2014-15AW]

毎秋冬シーズンに展開している、デザイナー自身の手で加工を施した古着の一点物のリメイクシリーズです。

古着のフィッシャーマンズセーターを買い付けるところから始め、サイズを編み直したり手入れをした後、一点一点手染めやプリントを施しています。着れば着る程にその人の身体と着ぐせに箔が馴染み、味わいが出てきます。その変化を年月と共に楽しみながらあなたの手で自分のものにしてほしい作品です。

毎年人気の箔プリントシリーズはもちろん、色のグラデーションプリントや箔グラデーションなど細かいディテールにも更にこだわり仕上げました。デザイナー自身の手で染色、プリントを施しております。今年からの新たな試みとして、一部の染めは日本の染色工場さんによる手作業の美しい段染めを施しています。

 

 

Session:*訂正 2014年9月末日 〜(店舗により異なります、各店舗へお問い合わせください)

Place:
[東京] WALL原宿店(10/11~)、PASS THE BATON表参道店(10/4~)、monster in my daydream

[大阪] WALL大阪店(10/11~)

[京都] コトバトフク

[広島] mAnui

[愛媛] soon

[福岡] WALL福岡店(10/11~)、GIGINA

 

 

[Sweater in the memory 2014-15AW]

It’s one of the remake series in AW with second-hands sweaters, which the designer re-creates those sweaters into the one of a kind items.

She starts by buying vintage Aran knits, mend holes, re-knits, dyes, and prints them all by hand.

 

As time goes by, you may could feel changes of the foil on the sweater.

Changes will make wrinkles on the foil as one wears sweater since the time makes those to adapt to part of the sweater.

The changes of the foil makes the sweater into the one’s special and one of a kind.

6_web

3_web

8_web

7_web

4_web